ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
高速鉄道が人の流れや居住地選択に与えた影響:疑似実験的な状況を利用して
The impact of high-speed railway system on people flow and residential choice using quasi-experimental situation
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
596
研究代表者
PI
牛島 光一 / 筑波大学 システム情報系 社会工学域
Koichi Ushijima / Division of Policy and Planning Sciences, Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba
事務担当者
Secretary
牛島 光一 / 筑波大学 システム情報系 社会工学域
Koichi Ushijima / Division of Policy and Planning Sciences, Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba
受入CSIS教員
CSIS reception staff
瀬戸 寿一 / -
Toshikazu SETO / -
研究内容
Abstract
本研究プロジェクトの目的は、高速鉄道の整備が人の流れや人々の居住地選択に与えた影響を測ることである。高速鉄道は鉄道会社に利益をもたらすだけでなく、社会に広く正の外部効果をもたらす可能性がある。ところが現実には、リニア中央新幹線の整備(東京~名古屋間)にあたっては5兆円以上の設備投資費用が掛かるにもかかわらず、全額を東海旅客鉄道が負担することになっている。このことはすなわち、投資に見合うだけの外部効果はないと国および地方自治体が判断したと解釈することが出来る。この判断は妥当なのだろうか。そこで、我が国における高速鉄道はどの程度の外部効果をもたらしてきたのかを測る。 本研究課題は大規模インフラのインパクト評価に関する研究の文脈に位置づけることが出来るが、大規模インフラの影響を厳密に評価することが容易ではないことは良く知られている。大きな理由の一つはインフラを整備する位置の内生性の問題である。例えば、通常は、効果が大きくなるところに優先的にインフラを整備するため、観察される効果は平均的処置効果にくらべて過大に評価されるという問題である。過大評価された値では他の場所にインフラを整備する際に効果の証拠として用いることができない。本研究は内生性の問題を解決するために、疑似実験的な状況を利用することで厳密な評価を行う。
研究期間
Research Period
2015-03-20 - 2018-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

雨宮 護 筑波大学システム情報系
Amemiya Mamoru Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba
金杉 洋 東京大学 地球観測データ統融合連携研究機構
Kanasugi Hiroshi Earth Observation Data Integration and Fusion Research Initiative, The University of Tokyo
牛島 光一 筑波大学 システム情報系 社会工学域
Koichi Ushijima Division of Policy and Planning Sciences, Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

1988年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1988 Tokyo Metropolitan Area
1998年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1998 Tokyo Metropolitan Area
2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area
【空間配分版】1998年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1998 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 The impact of a high-speed railway on residential land prices

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.