ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
強風による建物被害リスク評価の高精度化のための耐風性能因子分析
Analysis of wind resistant factors for improvement of risk-assessment precision of strong-wind damage to houses
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
608
研究代表者
PI
丸山 敬 / 京都大学 防災研究所
Maruyama Takashi / Kyoto University, Disaster Prevention Research Institute
事務担当者
Secretary
丸山 敬 / 京都大学 防災研究所
Maruyama Takashi / Kyoto University, Disaster Prevention Research Institute
受入CSIS教員
CSIS reception staff
飯塚 浩太郎 / -
Kotaro IIZUKA / -
研究内容
Abstract
本研究では強風による建物被害リスク評価に及ぼす“耐風性能因子”の影響を明らかにし、リスク評価の精度向上を目指す。これにより、強風に対して都市を脆弱にしている要因を明らかにし、耐風性能の向上と効果的な防災・減災対策の策定に資するものである。強風による建物被害リスクの評価方法としては、風速と被害程度を経験的に対応させる方法が開発されているが、風速が観測値で密な分布が得られない、被害程度の調査方法が統一されていない、等の理由で被害リスク評価の精度を上げられないのが現状である。そこで本申請グループは、気象モデルを用いて強風ハザードを求め、被害発生の物理的メカニズムを組み込んだ建物被害モデルと、“耐風性能因子”をアーカイブした建物耐風性能データベースを連携させて被害リスクを評価する仕組みを開発している。ここで、被害リスクの評価精度は、建物の形状、外装材の種類、配置等、建物の風に対する強さを記述する“耐風性能因子”の質に大きく依存する。本研究では、これまでの研究成果を発展させ、本申請により使用可能となる建物の数値情報データ、国勢調査、住宅・土地統計調査等を用いて、“耐風性能因子”が被害リスクの評価精度に及ぼす影響を明らかにする。並行して、建物耐風性能データベースをGIS上に構築し、“耐風性能因子”の時間空間分布を提供して、地域・社会変化を反映させた被害リスク評価の高精度化を目指すものである。
研究期間
Research Period
2015-08-01 - 2021-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

近藤 一晃 京都大学 学術情報メディアセンター
Kazuaki Kondo Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University
丸山 敬 京都大学 防災研究所
Maruyama Takashi Kyoto University, Disaster Prevention Research Institute
野田博 近畿大学建築学部建築学科
Hiroshi Noda Architectural Depertment, Kinki University
友清 衣利子 熊本大学大学院先端科学研究部
Eriko Tomokiyo Faculty ofAdvanced Science and Technology
竹内 崇 神戸大学大学院工学研究科建築学専攻
Takashi Takeuchi Graduate school of Engineering, Kobe University
西嶋一欽 京都大学防災研究所
Kazuyoshi Nishijima Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)埼玉県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Saitama prefecture
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)東京都 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Tokyo Metropolitan
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Kanagawa prefecture
Zmap TOWN II 2008/09年度(Shape版)兵庫県 データセット
Zmap TOWN II 2008/09 Shapefile Hyogo prefecture
平成22年国勢調査町丁・字等別集計 その1 (TXT形式) データセット
2010 Population Census: Tabulation for Small Areas (cho / aza etc.), Basic Complete Tabulation on Population and Households
平成20年住宅・土地統計調査 (TXT形式) データセット
Housing and Land Survey 2008 (TXT format)
平成15年住宅・土地統計調査市区町村別地図境域データ 日本測地系 都道府県別 (Shape形式) データセット
国勢調査地図データ 背景地図データベース (shape版) データセット
Statistical Map Database: Background Data (Shapefile Format)

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 2018 年台風 21 号の強風による住宅の 2 次被害発生に及ぼす周辺環境の影響分析
論文 自然災害後の住宅悉皆調査に資する防災性能要素の収集手法の検討
論文 平成 28 年熊本地震による住家被害拡大に影響を及ぼす因子抽出の試み
論文 2018 年台風21 号による住宅被害 その2 現地調査に基づく被害要因分析
論文 2018 年台風21 号による住宅被害 その1 台風襲来前後に撮影された衛星写真の比較に基づく屋根被害率の推定
論文 GISシステムを用いた建物の強風被害に対する耐風性能要素の抽出に関する考察
論文 熊本地震被災者支援システムの情報を用いた被災家屋分析の試み
その他(著書・記事等) 平成30年台風21号による強風・高潮災害の総合研究

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2018
2015