ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
避難計画策定のための津波浸水被害の空間分析
Spatial Analysis of Potential Tsunami Inundation for Evacuation Planning
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
621
研究代表者
PI
佐土原 聡 / 横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院
Satoru Sadohara / Faculty of Urban Innovation, Yokohama National University
事務担当者
Secretary
稲垣 景子 / 横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院
Keiko Inagaki / Faculty of Urban Innovation, Yokohama National University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
有川 正俊 / -
Masatoshi ARIKAWA / -
研究内容
Abstract
東日本大震災以降、日本全国で地震や津波への関心や危機感が高まっている。そこで、本研究では神奈川県域等を対象に、現在の津波避難に関する状況や課題を明らかにし、その対応策を提案する。本研究では、浸水地域での避難対応を検討するため、GISを用いて津波浸水予測図と建物現況や土地利用現況データ、人の流れデータセット等を重ね、地域の物理的環境と社会的環境をふまえた津波被害の空間分析を実施し、対策を提案する。具体的には、平野部等の高台避難が困難な地域に着目し、指定津波避難ビルを地理空間情報化したうえで、時間的な制約と収容人数の制約の二つの側面から避難ビルへの避難困難地域を抽出し、避難スペースの増強策を提示するとともに対策実施の可能性を検討する。
研究期間
Research Period
2015-08-15 - 2017-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

稲垣 景子 横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院
Keiko Inagaki Faculty of Urban Innovation, Yokohama National University
南 燿太 横浜国立大学大学院 都市イノベーション学府
Minami Yota Graduate School of Urban Innovation, Yokohama Nat. Univ.

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

1998年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1998 Tokyo Metropolitan Area
2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area
2000年京阪神都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2000 Kyoto/Osaka/Kobe Metropolitan Area
2002年仙台都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2002 Sendai Metropolitan Area
【空間配分版】1998年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 1998 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
【空間配分版】2000年京阪神都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2000 Kyoto/Osaka/Kobe Metropolitan Area(Spatially reallocated)

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
その他(著書・記事等) 湘南地域における津波浸水予測に基づく津波避難の課題分析

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2015