ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
大都市圏における人口減少及び高齢化の動向
The population decline and aging trends in Metropolis
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
645
研究代表者
PI
金 令牙 / 東京大学 新領域創成科学研究科
Kim Yonga / Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
金 令牙 / 東京大学 新領域創成科学研究科
Kim Yonga / Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
貞広 幸雄 / -
Yukio SADAHIRO / -
研究内容
Abstract
日本の大都市圏においては、高度成長期の急速な人口増加や人口集中に伴い、市街地が拡大し、高密な都市が形成されてきた。しかし、人口問題研究所(IPSS)によると、日本全国の将来推計人口は2010年国勢調査の1億2806万人から、2030年には1億1662万、2040年には9,913万と予測されている。さらに、65歳以上の人口は23.0%(2010年)から2030年には31.6%、2040年には36.1%になると予測し、今後の人口減少と高齢化が著しく進行することが予想される。基盤設備が進んだ大都市圏における人口減少と高齢化は地域の経済的影響を及ぼしている。本研究は東京都23区、大阪市、福岡市、富山市の将来人口推計に基づき、市地域内の人口減少・高齢化の進行がどの程度地域差が生じるかを把握した上で、及ぼした経済影響を整理し、人口減少時代の市街地形成の課題とあり方について、方策を考察する。
Metropolis is due to the rapid population growth and population concentration of high-growth period, the city has expanded, efficient city has been formed in high density. However, according to the National Institute of Population and Social Security Research estimated the total population of Japan decreases year by year from 128.06 million people in 2010 (According to the 2010 Population Census), to 116.62 million in 2030. And it is expected to be 9,913 in 2040. In addition, the proportion of the Old-age Population (65 years of age and over) will increase from the current level of 23.0% as of 2010 to 31.6% in 2030. Later on, by 2040, 36.1% of the total population will be elderly. Japan is expected to enter a long period of population decline and the aging society. This study carries out population prediction in order to figure out regional difference caused in large cities, such as Tokyo, Osaka, Fukuoka and Toyama, has advanced infrastructure .After understanding the aging population and reduced progress, perform quantitative analysis about the issues of the urban form of population decline era, and then consider the measures.
研究期間
Research Period
2015-11-19 - 2016-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

金 令牙 東京大学 新領域創成科学研究科
Kim Yonga Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Tokyo metropolitan
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 富山県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Toyama prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 大阪府 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Osaka prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 福岡県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Fukuoka prefecture
国勢調査地図データ 統計地図データベース 平成12年 データセット
Statistical Map Database: GIS Data for the 2000 Population Census
国勢調査地図データ 背景地図データベース (shape版) データセット
Statistical Map Database: Background Data (Shapefile Format)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.