ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
町丁目単位での都市の総合力評価と、同評価を軸とした類似都市域の分布パターンの検出
Comprehensive city power index in the scale of town and area to visualize a distribution pattern of similar urban area based on an evaluation of the index parameters
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
650
研究代表者
PI
木内俊克 / 東京大学工学系研究科建築学専攻
Toshikatsu Kiuchi / Architecture Department, Faculty of Engineering, the University of Tokyo
事務担当者
Secretary
木内俊克 / 東京大学工学系研究科建築学専攻
Toshikatsu Kiuchi / Architecture Department, Faculty of Engineering, the University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
貞広 幸雄 / -
Yukio SADAHIRO / -
研究内容
Abstract
本研究では特定の都市域のデザインにあたり、同エリアが他エリアとどの都市要素/活動において類似しどの点で差異があるかを総合的に把握することを目的とした。 分析の流れは「地形・歴史」「交通・アクセス」「政治」「居住」「イノベーション」「文化・交流」「経済・企業活動」の7つの評価軸を設定、「居住」であれば「生活利便性の高低、居住コストの高低、安全・安心度の高低、居住者数の大小」といった各評価軸を構成する29の小項目を下位に設け、さらに同小項目を裏付ける関連性が高い66の指標データを、町丁目単位での定義が可能なものに限定し収集・集計、同データを元に対象地域全体を100%としたとき、各町丁目のシェアを%で記述する形で評価を平滑化、都市の町丁目単位での総合力を分析するものとした。 次に各評価軸内でのシェアの記述を元に、どの町丁目同士が特定の評価軸において類似しているかクラスター分析をし、各評価軸及び総合的に見て類似した町丁目がどう分布しているかを可視化することとした。 申請する江戸絵図データは、「地形・歴史」軸の「歴史的前提の影響力の高低」を裏付ける為の大規模施設の種地分布を抽出する指標データとして、道路地図データベースは「交通・アクセス」軸の「都市内交通サービス充実度の高低」を示す指標データとして「幹線道路数」「高速道路出入口数」を抽出する元データとして使用することを目的とした。
研究期間
Research Period
2015-11-30 - 2016-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

木内俊克 東京大学工学系研究科建築学専攻
Toshikatsu Kiuchi Architecture Department, Faculty of Engineering, the University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

天保14年天保御江戸絵図データ (Shape形式) データセット
拡張版全国デジタル道路地図データベース 2015年版
Digital Road Map Database extended version 2015

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
その他(著書・記事等) Internet of Behaviour ―個が共鳴し合う都市生態へ―

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2015