ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
居住地域の縮小と再編に関する地理学的研究
A Geographical Research on the Reduction and Restructuring of Residential Areas
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
671
研究代表者
PI
小池司朗 / 国立社会保障・人口問題研究所 人口構造研究部
Koike Shiro / Department of Population Structure Research, National Institute of Population and Social Security Research
事務担当者
Secretary
小池司朗 / 国立社会保障・人口問題研究所 人口構造研究部
Koike Shiro / Department of Population Structure Research, National Institute of Population and Social Security Research
受入CSIS教員
CSIS reception staff
小口 高 / -
Takashi OGUCHI / -
研究内容
Abstract
各地域の人口減少問題が注目を集めるなかで,居住地域の分布がどのように変化しているかを把握することは,今後のインフラ整備の方向性を定めるうえでも重要な課題である。とりわけ,少子高齢化の進展が著しい過疎地域においては消滅の危機に瀕している集落も少なくなく,将来の人口分布が大きく変化する可能性がある。本研究においては,具体的にどのような地域で無居住化が進行しているのかについて,地域メッシュ統計およびその他の人文・自然の各種データを用いて検証する。それをもとに,将来的に消滅可能性の高い集落はどこに多く分布しているか,ということを明らかにするとともに,居住地域の再編の可能性を地理学的な観点から検討することを主たる目的とする。
研究期間
Research Period
2016-05-09 - 2018-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

小池司朗 国立社会保障・人口問題研究所 人口構造研究部
Koike Shiro Department of Population Structure Research, National Institute of Population and Social Security Research
鎌田 健司 国立社会保障・人口問題研究所 人口構造研究部
Kamata Kenji National Institute of Population and Social Security Research
山内昌和 国立社会保障・人口問題研究所 室長
Yamauchi Masakazu National Institute of Population and Social Security Research

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

平成12年国勢調査地域メッシュ統計その1+その2 世界測地系 都道府県別 (TXT形式) データセット
Grid Square Statistics of 2000 Population Census Volume 1 and 2: Japanese Geodetic Datum 2000 by prefecture (TXT format)
平成17年国勢調査地域メッシュ統計その1 世界測地系 都道府県別1/2メッシュ (TXT形式) データセット
Grid Square Statistics of 2005 Population Census Volume 1: Japanese Geodetic Datum 2000 by Half Grid Square (TXT format, by prefecture)
平成22年国勢調査地域メッシュ統計その1 世界測地系 (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 2010 Population Census Volume 1

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2017
2016 http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/csisdays2016/csisdays2016-ra-pdf/C08.pdf