ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
南海トラフ巨大地震による東海地方における津波廃棄物発生量の推計と仮置き場の候補地の選定に関する研究
Estimation of Amount of Tsunami Disaster Wastes by Nankai Trough Earthquake and Selection of Temporary Waste Storing Places in Tokai Region
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
683
研究代表者
PI
厳 綱林 / 慶應義塾大学 環境情報学部
YAN Wanglin / Keio University
事務担当者
Secretary
横山 魁 / 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科
Kaito Yokoyama / Graduate School of Media and Governance
受入CSIS教員
CSIS reception staff
秋山 祐樹 / -
Yuki AKIYAMA / -
研究内容
Abstract
中央防災会議によると,東海・東南海・南海地震が連動した南海トラフ巨大地震が発生した場合,静岡県・愛知県の全壊建物数はそれぞれ32万棟,38万棟に及ぶと推定されている.本研究は,以上二県を対象地域に,南海トラフ巨大地震による災害廃棄物の発生量を推計し,仮置き場の候補地評価を目的とする.具体的には,静岡県・愛知県におけるゼンリンの住宅地図データと想定される津波浸水高から災害廃棄物の発生量を町丁目単位で推計し,土地利用データや公園,工場,港湾などの施設データから仮置き場の候補地の抽出と評価を試みる.本研究は環境省環境研究総合推進費プロジェクトの一環として実施されており,研究成果はCSIS DAYSや学会で発表し,事前防災対策の提言を予定している.
研究期間
Research Period
2016-06-04 - 2017-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

厳 綱林 慶應義塾大学 環境情報学部
YAN Wanglin Keio University
蒋 湧 愛知大学 三遠南信地域連携研究センター
Jiang Yong Center for San-En-Nanshin Regional Collaboration, Aichi University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 静岡県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Shizuoka prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 愛知県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Aichi prefecture
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A42_2014年2月)
Telepoint Pack DB February 2014

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2016