ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
医療機関へのアクセシビリティに基づく医療アクセス圏 ―沖縄県本島の救急告示病院を事例として―
New Medical administrative areas based on accessibility to medical facilities -the case of emergency medical care centers in Okinawa mainland-
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
712
研究代表者
PI
小林優一 / 慶應義塾大学大学院経済学研究科
Yuichi KOBAYASHI / Economics, The University of Keio
事務担当者
Secretary
小林優一 / 慶應義塾大学大学院経済学研究科
Yuichi KOBAYASHI / Economics, The University of Keio
受入CSIS教員
CSIS reception staff
秋山 祐樹 / -
Yuki AKIYAMA / -
研究内容
Abstract
2011年,厚生労働省は医療圏を設定する際の条件として,従来の人口規模に加え,基幹病院までのアクセシビリティを考慮する指針を示した.そこで本研究では,医療施設へのアクセシビリティに基づいた医療アクセス圏を提案する.ここでの医療アクセス圏とは,一つの医療機関を利用する患者が分布する地理的範囲と定義する.対象地域は,地理的に内外の流入の少ない沖縄県本島とし,対象医療機関は基幹病院の1つである救急告示病院とした. 本稿では,さらに沖縄本島を構成する3つの医療圏単位の患者総数と救急告示病院の病床総数による需給関係を分析する.アクセシビリティの計算には,two-step floating catchment area (2SFCA) 手法(Luo and Wang,2003)を用いた.時間距離の閾値は,カーラーの救命曲線を参考に30分に設定した. これまでの成果は,町丁目単位での医療需要を予測し,アクセシビリティを隣同士圏域を比較・検討していた.しかし,今後は分析精度をさらに上げ,メッシュ単位で細かく需要を考慮し,医療アクセス圏の精度を上げていきたいと考える.さらに,道路地図ネットワークを用いて,アクセシビリティを需要・供給の両者から精緻化を更に進めていきたいと考える.
The medical administrative areas are defined within each prefecture in Japan, but they do not take into account accessibility to medical facilities. The goal of this research is to develop and propose new medical areas (medical access areas) based on accessibility to medical facilities using a geographic information system (GIS). The study area is the main island of Okinawa, comprised of three medical administrative areas. The medical facilities in this study are emergency notice hospitals. The accessibility is calculated using the two-step floating catchment area (2SFCA) method and gravity-based method. In the accessibility calculation, the supply is the number of hospital beds, and the demand is potential patients. By visualizing accessibility measures on maps, we identify areas with inadequate medical facilities. We also show the number of people in those areas; for example, a large number of elderly people in the north medical administrative area have no access to medical facilities within 30 minutes by car. The accessibility measures are compared among the three medical administrative areas. Our results contribute to the development of medical regional planning, which is underway in Japan.
研究期間
Research Period
2016-11-13 - 2017-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

河端瑞貴 慶應義塾大学経済学部
Kawabata Mizuki Faculty of Economics, Keio University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

2006年沖縄本島中南部都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2006 Okinawa Main Island (South) Metropolitan Area
国勢調査メッシュ (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of Population Censuses (CSV format)
平成22年国勢調査地域メッシュ統計その2 世界測地系 政令市編1/4メッシュ (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 2010 Population Census Volume 2 by Quarter Grid Square (Major Cities)
拡張版全国デジタル道路地図データベース 2016年版
Digital Road Map Database extended version 2016

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 医療機関へのアクセシビリティに基づく医療アクセス圏―沖縄県本島の救急告示病院を事例として―

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2016 非公開 / private