ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
東京都の駅間地区における商業立地の時系列分析
Time series analysis of commercial location in districts between stations in Tokyo
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
700
研究代表者
PI
浅見泰司 / 東京大学大学院工学系研究科
Asami Yasushi / Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
事務担当者
Secretary
増田 広樹 / 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
Masuda Hiroki / Department of Urban Engineering, the University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
本研究は、空間情報を用いることで、東京都の、駅から一定の距離が離れており、利用できる駅が複数存在している地区(以下、駅間地区と呼ぶ)における商業立地を把握する。観点として、業種別時空間分析、商業集積時空間分析、商業集積の要因分析等を考えており、対象地に、清澄白河駅、門前仲町の駅間地区を想定している。一般的に交通の要所となっているターミナル駅周辺において、商業集積は起こりやすく、現状多くの企業やチェーン店(日本に11店舗以上出している企業)がターミナル駅周辺に進出しており、また、これにより、注目されるようになった駅周辺では地価が高騰し、チェーン店に対し個人商店は、駅から離れている。したがって、駅間地区は駅周辺よりも商業にとっては悪い環境であると捉えられるが、牛垣(2016)は、秋葉原を例に、駅前・表通りはチェーン店立地により均質化するのに対し裏通りは、個人商店が数多く立地し、個性の維持が見られることを指摘しており、また、特定の業種やその関連業種の店舗が自然発生的に集積して形成される同業種型商業集積地は、消費者を選別することで商業集積の形を維持できると考えられている。そのため、駅間地区は必ずしも商業に対して負の効果しかないとも言えないと考えられ、近年では清澄白河・門前仲町の駅間地区において、飲食業や書店が多く進出している。本研究では、清澄白河・門前仲町の駅間地区に焦点を当て研究する。
研究期間
Research Period
2016-09-12 - 2018-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

増田 広樹 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻
Masuda Hiroki Department of Urban Engineering, the University of Tokyo
浅見泰司 東京大学大学院工学系研究科
Asami Yasushi Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

座標付き電話帳DBテレポイント(P1A02_2010年2月)
Telepoint Pack DB February 2010
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A12_2011年2月)
Telepoint Pack DB February 2011
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A22_2012年2月)
Telepoint Pack DB February 2012
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A32_2013年2月)
Telepoint Pack DB February 2013
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A42_2014年2月)
Telepoint Pack DB February 2014
座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B52_2015年2月)
Telepoint Pack DB February 2015 (Yellow pages)
座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B62_2016年2月)
Telepoint Pack DB February 2016 (Yellow pages)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2016