ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
東京都市圏における鉄道沿線のTODに関する研究
Study on TOD of railroad wayside in greater Tokyo
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
702
研究代表者
PI
原田昇 / 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
Harata Noboru / School of Engineering, Department o Urban Engineering
事務担当者
Secretary
永原 慎一朗 / 東京大学工学部都市工学科
Shinichiro Nagahara / Department of Urban Engineering, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
浅見 泰司 / -
Yasushi ASAMI / -
研究内容
Abstract
東京都市圏は、古くから都心から郊外へ放射状に延びる鉄道網を軸としたTODが形成されてきたが、通勤混雑や、近年では郊外を中心に人口減少や高齢化などの問題が生じるようになった。その問題へ対処するためには、従来のTODを再構築する必要があると考えられる。TODの再構築を検討するにあたって、まず、1つの鉄道路線を対象として、その沿線における旅客流動と駅周辺の土地利用の関係を、人の流れデータや電話帳データなどを用いて定量的に分析する。次に、そこで得られた結果から土地利用に関するデータなどを変数としたシナリオをいくつか作成し、それぞれを鉄道利用者、鉄道事業者など複数の主体の視点から評価することにより、理想的なTODの形を提案する。
研究期間
Research Period
2016-09-16 - 2017-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

永原 慎一朗 東京大学工学部都市工学科
Shinichiro Nagahara Department of Urban Engineering, The University of Tokyo
原田昇 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻
Harata Noboru School of Engineering, Department o Urban Engineering
高見淳史 東京大学大学院工学系研究科
Takami Kiyoshi School of Engineering, The University of Tokyo

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area
【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B62_2016年2月)
Telepoint Pack DB February 2016 (Yellow pages)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.