ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
地域差を考慮した生活利便性の定量化による居住地評価
A Study on the Evaluation of Residential Area by Quantitative of the Life Convenience
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
724
研究代表者
PI
恒川 和久 / 名古屋大学大学院工学研究科
Kazuhisa Tsunekawa / Graduate School of Engineering, Nagoya University
事務担当者
Secretary
小野 竜也 / 名古屋大学大学院 環境学研究科 都市環境学専攻 建築学コース
Ono Tatsuya / Graduate School of Environmental Studies, Nagoya Univ.
受入CSIS教員
CSIS reception staff
秋山 祐樹 / -
Yuki AKIYAMA / -
研究内容
Abstract
本研究では、人口減少時代に入り立地適正化計画制度が策定されるなど、市町村ごとの今後の居住地のあり方が模索されている背景を受け、現状の居住地の生活利便性を一様に定量化することで、地域ごとの差異や課題についての考察と居住地としての評価を行うことを目的とする。対象は、名古屋市という大都市から中山間地域までを含む愛知県全域の居住地メッシュとし、地域間の差異を考慮しつつ一様に定量化を行う。具体的には、居住属性や人口分布により市町村を分類し、その分類ごとに含まれる居住地メッシュについて最近接の生活利便施設への距離よりアクセシビリティ値を算出する。用途ごとのアクセシビリティ値を合算することで利便性得点とし、それを一様な指標として使用することで地域間の差異や地域ごとの居住性を明らかにする。
研究期間
Research Period
2016-12-01 - 2017-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

恒川 和久 名古屋大学大学院工学研究科
Kazuhisa Tsunekawa Graduate School of Engineering, Nagoya University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

平成18年事業所・企業統計調査 地域メッシュ統計 世界測地系 都道府県別 (TXT形式) データセット
Grid Square Statistics of 2006 Establishment and Enterprise Census: Japanese Geodetic Datum 2000 (TXT format, by prefecture)
座標付き電話帳DBテレポイント(P1A02_2010年2月)
Telepoint Pack DB February 2010
商業集積統計(2010年)(旧フォーマット(Ver.2011))
Commercial Accumulation Statistics (2010) (Old format (Ver.2011))
平成21年経済センサス・基礎調査地域メッシュ統計 世界測地系 都道府県別 (CSV形式) データセット
Grid Square Statistics of 2009 Economic Census for Business Frame by prefecture (CSV format)
【利用不可】日本スーパー名鑑2007年版ポイントデータ
<Unavailable> Japan Supermarket Directory 2007
【利用不可】日本スーパー名鑑2013年版ポイントデータ
<Unavailable> Japan Supermarket Directory 2013

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
学位論文 地域差を考慮した生活利便性の定量化による居住地評価

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2016