ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
病院外心肺停止の発生場所とAEDの設置場所からAEDの適正配置を考える~コンビニエンスストアに設置されたAEDに着目して~
Analysis of accessibility to Automated External Defibrillator of installed in convenience store
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
735
研究代表者
PI
市川 政雄 / 筑波大学医学医療系
Masao Ichikawa / Faculty of Medicine, University of Tsukuba
事務担当者
Secretary
市川 政雄 / 筑波大学医学医療系
Masao Ichikawa / Faculty of Medicine, University of Tsukuba
受入CSIS教員
CSIS reception staff
貞広 幸雄 / -
Yukio SADAHIRO / -
研究内容
Abstract
2014年中に救急隊によって搬送された病院外心肺停止傷病者(Out-of-Hospital Cardiac Arrest: OHCA)は125,951名に上る。OHCAの救命にはバイスタンダーによる早期の自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator : AED)の使用も含めた心肺蘇生が有効であるが、市民によって目撃された心原性OHCA におけるバイスタンダーによるAEDの使用率は1.3%であった。AEDが使用されない理由として、OHCAの約70%が住宅というAEDが存在しない環境で発生していること、公共施設に設置されたAEDは夜間や休日に利用できないことが指摘されている。これを受け、市民のAEDへのアクセスを改善するため、24時間使用可能なコンビニエンスストアにAEDを設置する自治体が増えている。しかし、これは必ずしもOHCAの発生場所を考慮したものではなく、適正な配置といえるかどうかはわからない。そこで本研究では、OHCAの発生場所を地図上にプロットし、AEDをコンビニエンスストアに配置した場合としない場合で、OHCAの発生場所がどれだけカバーされうるのかを地理情報システムを用いて検証する。
研究期間
Research Period
2017-02-01 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

市川 政雄 筑波大学医学医療系
Masao Ichikawa Faculty of Medicine, University of Tsukuba
高山 祐輔 筑波大学大学院人間総合科学研究科
TAKAYAMA Yusuke graduate school of comprehensive human care science, university of tsukuba

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 埼玉県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Saitama prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 千葉県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Chiba prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Kanagawa prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2018 非公開 / private
2017 非公開 / private
2016