ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
病院外心肺停止の発生場所とAEDの設置場所からAEDの適正配置を考える~コンビニエンスストアに設置されたAEDに着目して~
Analysis of accessibility to Automated External Defibrillator of installed in convenience store
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
735
研究代表者
PI
市川 政雄 / 筑波大学医学医療系
Masao Ichikawa / Faculty of Medicine, University of Tsukuba
事務担当者
Secretary
市川 政雄 / 筑波大学医学医療系
Masao Ichikawa / Faculty of Medicine, University of Tsukuba
受入CSIS教員
CSIS reception staff
貞広 幸雄 / -
Yukio SADAHIRO / -
研究内容
Abstract
2014年中に救急隊によって搬送された病院外心肺停止傷病者(Out-of-Hospital Cardiac Arrest: OHCA)は125,951名に上る。OHCAの救命にはバイスタンダーによる早期の自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator : AED)の使用も含めた心肺蘇生が有効であるが、市民によって目撃された心原性OHCA におけるバイスタンダーによるAEDの使用率は1.3%であった。AEDが使用されない理由として、OHCAの約70%が住宅というAEDが存在しない環境で発生していること、公共施設に設置されたAEDは夜間や休日に利用できないことが指摘されている。これを受け、市民のAEDへのアクセスを改善するため、24時間使用可能なコンビニエンスストアにAEDを設置する自治体が増えている。しかし、これは必ずしもOHCAの発生場所を考慮したものではなく、適正な配置といえるかどうかはわからない。そこで本研究では、OHCAの発生場所を地図上にプロットし、AEDをコンビニエンスストアに配置した場合としない場合で、OHCAの発生場所がどれだけカバーされうるのかを地理情報システムを用いて検証する。
研究期間
Research Period
2017-02-01 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

市川 政雄 筑波大学医学医療系
Masao Ichikawa Faculty of Medicine, University of Tsukuba
高山 祐輔 帝京大学救急救命士コース
Yusuke TAKAYAMA Teikyo University Paramedic course

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 埼玉県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Saitama prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 千葉県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Chiba prefecture
Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Kanagawa prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2018 非公開 / private
2017 非公開 / private
2016