ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
富津洲上に成立した海岸砂丘植生と地形の関係性の解明
The relationship between coastal sand dune vegetation and topography on Futtsu bar
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
738
研究代表者
PI
小口 高 / 東京大学空間情報科学研究センター
Oguchi Takashi / -
事務担当者
Secretary
中田 康隆 / 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
Yasutaka Nakata / Department of Natural Environmental Studies, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
受入CSIS教員
CSIS reception staff
小口 高 / -
Takashi OGUCHI / -
研究内容
Abstract
我が国の海岸砂丘は、農地開発・港湾・空港・道路整備などによって陸側から、 またこれらの施設を海岸浸食から防護するための護岸・離岸堤の設置により、海側から改変されることで縮小してきた。かつては、砂が絶え間なく動き、様々な地形や環境が形成され、それに依存した動植物が見られたが、それらを確認できる場所は我が国ではほとんどない。また、海岸砂丘を主な生育場所とする海岸砂丘植生は大きな影響を受け、絶滅の危機に瀕している。これまでに、海岸砂丘植生と地形等の環境要因との関係性を論じた研究は行われてきた。しかし、その多くは面的に地形と植生を論じておらず、動的な地形と植生の関係性が論じられていない。対象地域である県指定天然記念物である富津州海浜植物群落は、これまでに人工的な改変を受けてきたが、部分的に海岸砂丘植生が残存する。房総半島の内房地域においては、比較的健全な植生が成立する海岸砂丘の一つである。そこで、本砂丘を対象に航空レーザ測量、地上レーザ測量やUAV-SfM測量による高解像度のDEMから地形量を抽出し、地形と植生の関係性の解明を試みる。
研究期間
Research Period
2017-02-03 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

中田 康隆 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
Yasutaka Nakata Department of Natural Environmental Studies, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
小口 高 東京大学空間情報科学研究センター
Oguchi Takashi
早川 裕弌 北海道大学地球環境科学研究院
Yuichi S. Hayakawa Environmental Earth Science, Hokkaido University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【利用不可】PAREA-LiDARデータセット(旧RAMS-e)
[Not available]PAREA-LiDAR (formerly RAMS-e)
【利用不可】PAREA-LiDAR 千葉県富津岬
[Not available] PAREA-LiDAR Cape Futtsu, Chiba Prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2018 非公開 / private