ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
労働力率の地域差についての研究
Regional differences in labor market participation
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
742
研究代表者
PI
坂西明子 / 奈良県立大学
Sakanishi Akiko / -
事務担当者
Secretary
坂西明子 / 奈良県立大学
Sakanishi Akiko / -
受入CSIS教員
CSIS reception staff
中川 万理子 / -
Mariko NAKAGAWA / -
研究内容
Abstract
日本の女性労働力率には地域差があり、申請者自身の過去の研究でも示したように、大都市圏で労働力率が低いという特徴が得られている。本研究では、日本の女性の就業状況、特に労働力率に地域差が生じている要因について考察する。配偶状態別に見ると、未婚女性では地域差は小さい。しかし、有配偶女性の労働力率の地域差が大きいことが、全体の女性労働力率の地域差の大半を説明している。他方、男性では労働力率の地域差はわずかである。日本の女性の年齢別労働力率はM字型を示しており、政策的にもその改善が重要な課題とされてきた。結婚や出産が多くなる年齢層や、子どもの年齢の低い有配偶女性の労働力率の低さが、M字型労働力率カーブの底が生じる主な原因である。有配偶女性の労働力率の高さには、地域間で大きな差がある。その差を形成する要因がわかれば、有配偶女性の就業促進対策を検討するのに有効である。本研究では、労働力率の地域差とその変化について分析を行う。
研究期間
Research Period
2017-03-03 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

坂西明子 奈良県立大学
Sakanishi Akiko

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

就業構造基本調査 データセット
Employment sturcture basic suvey
平成14年就業構造基本調査 (TXT形式) データセット
平成19年就業構造基本調査 全国編・地域編 (TXT形式) データセット
社会・人口統計体系 (TXT形式) 市区町村基礎データ(1980年~2013年) データセット
System of Social and Demographic Statistics of Japan by municipalities (1980-2013)
社会・人口統計体系 (TXT形式) 都道府県基礎データ(1975年~2014年) データセット
System of Social and Demographic Statistics of Japan by prefectures (1975-2014)

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.