ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
富士山噴火による首都圏降灰被害評価に関する研究
Volcanic ashfall risk evaluation by Mount Fuji around metropolitan area
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
772
研究代表者
PI
藤田英輔 / 防災科学技術研究所 火山研究推進センター
Eisuke FUJITA / National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, Center for Integrated Volcano Research
事務担当者
Secretary
藤田英輔 / 防災科学技術研究所 火山研究推進センター
Eisuke FUJITA / National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, Center for Integrated Volcano Research
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
富士山噴火により、東京都をはじめとする首都圏においてどのような降灰被害が発生するかについてハザード評価を実施する。富士山噴火は1707年宝永噴火の規模(VEI5)を想定した数値シミュレーションを実施し、富士山火口周辺での噴煙のダイナミクスを計算する。放出された火山灰等の火山噴出物は、富士山周辺および首都圏の気象場の影響を受け拡散し、首都圏の各地点での降灰厚などの推定値が得られる。この推定値と空間情報にて提供される建物分布や人の流れデータと関連付けを行い、ハザード評価を社会的・定量的なデータとして提供することが可能となる。気象場は季節などに依存するため、複数シナリオを実施することにより、各地点での降灰および被害の確率評価を行うための手法を開発する。なお、数値シミュレーションコードは、気象研で開発されている降灰シミュレーションのための領域移流拡散モデル(JMA-RATM)を用いて実施する。
We evaluate hazard risk around Tokyo metropolitan area due to Mount Fuji volcanic eruption. We assume a VEI 5 eruption like 1707 Houei eruption, and perform numerical simulation about plume dynamics. Ejecta like pyroclastic falls including volcanic ash, are driven by meteorological field around Mount Fuji and metropolitan area, then we get such information as the accumulation depth of volcanic ash fall at each point in the area. We combine simulation data with spatial-temporal information like building distribution and traffic data supported by JoRAS, and can give hazard evaluation information more quantitatively, which is useful to the society. We will study the adequate scheme about probabilistic evaluation of volcanic hazard risk using plural scenarios of volcanic eruption. In our study, we apply JMA-RATM developed by MRI, JMA.
研究期間
Research Period
2017-09-01 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

藤田英輔 防災科学技術研究所 火山研究推進センター
Eisuke FUJITA National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, Center for Integrated Volcano Research

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 埼玉県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Saitama prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 千葉県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Chiba prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Tokyo prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kanagawa prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 山梨県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Yamanashi prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2017