ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
首都直下地震発生時における帰宅困難者対策 ~コインパーキングを含む駐車場の活用~
Measures in the capital under an earthquake -Use of the coin-operated parking including parking-
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
775
研究代表者
PI
後藤 寛 / 横浜市立大学
Yutaka Goto / Yokohama City University
事務担当者
Secretary
後藤 寛 / 横浜市立大学
Yutaka Goto / Yokohama City University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
相 尚寿 / -
Hisatoshi AI / -
研究内容
Abstract
本研究の目的は、今後起こりうる首都直下地震発生時において発生する帰宅困難者対策としてGISによる地図情報をベースとしたコインパーキングを活用した対策を考察することである。 本研究の背景は大きく二つある。一つ目は東日本大震災時に帰宅困難者が多く発生したため、今後首都直下地震が発生した場合、それ以上の帰宅困難者が発生し一時滞在施設の不足が予想されること。二つ目は車中泊者対策である。熊本地震で多く見られた車中泊者は東京においても発生する可能性がある。この二つの問題の対策としてコインパーキングを含む駐車場の活用方法を考える。  帰宅困難者の通勤・通学地から自宅までの帰路において都心部・密集地・住宅地の3地点においてそれぞれ帰宅困難者の需要は異なり必要な対策もそれに伴い異なることを明らかにする。  分析方法としては東京都が指定している帰宅困難者対策として帰宅支援対象道路を指定している道路のうち上記した3地点が含まれる道路を指定しバッファをかけ一定範囲内の駐車場数を探し出す。次に接道条件や昼間人口と夜間人口の違いやターミナル駅との関係性などから支援に適する場所を指定し上記の3地区ごとに適した対策方法を考えその対策を施した場合の結果をデータで表示する。
The purpose of this study is to consider preparedness based on metered parking as measures in the capital under an earthquake will happen based on GIS-based map information. Background of the study is two; Is the first one in East Japan earthquake stranded commuters often due to upcoming Epicentral earthquake occurs, causing difficulties in returning home more than it is expected the temporary lack of accommodation; The second is car-night measures. The car who was more common in the Kumamoto earthquake can occur even in Tokyo. Considering the use of parking including parking as a measure of these two issues. In the home return of stranded commuters commuting and going to school in 3 point Central, densely populated areas and residential areas, each to reveal different due to different measures of stranded commuters demand. Specify the road containing the 3 points mentioned above of the measures as analytical methods provided by the Tokyo Metropolitan Government designated home support for road and buffer, finding a parking experience within a certain range. The following conditions and daytime population and to display the result when considering how to measure and locate suitable support, from relationships and the difference in population and the terminal station at night, for each of the above three areas, the measures in data.
研究期間
Research Period
2017-08-21 - 2019-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

佐藤 将 横浜市立大学 大学院都市社会文化研究科
Sato Susumu Yokohama City University Graduate School of Urban Social and Cultural Studies
後藤 寛 横浜市立大学
Yutaka Goto Yokohama City University
石川 永子 横浜市立大学 国際総合科学部 国際都市学系
Ishikawa Eiko Yokohama City University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area
【空間配分版】2008年東京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2008 Tokyo Metropolitan Area (Spatially Reallocated)
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Tokyo prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kanagawa prefecture

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.