ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
病児保育施設へのアクセスに関する研究
Accessibility of sick children in Japan
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
808
研究代表者
PI
江原 朗 / 広島国際大学健康科学部医療経営学科
Akira Ehara / Department of Health Services Management, Hiroshima International University
事務担当者
Secretary
江原 朗 / 広島国際大学健康科学部医療経営学科
Akira Ehara / Department of Health Services Management, Hiroshima International University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
日下部 貴彦 / -
Takahiko KUSAKABE / -
研究内容
Abstract
子育て支援が社会で求められている。しかし、厚生労働省の社会医療診療行為別調査では、乳幼児は月に2回程度医療機関を受診していることが明らかになっている。子どもは感染症その他の疾患にかかりやすく、健常児の保育施設を充実させても病気になった時の保育支援制度を充実させないと子育て支援は完結しない。確かに、日本では病児保育制度が少しずつ整備されるようになってはいるが、都市部と地方、東日本と西日本ではその整備状況が異なり、地域格差があると言わざるを得ない。しかし、定量的に病児の保育施設へのアクセスを定量的に解析した研究は乏しい。そこで、自動車によって病児保育施設に一定時間内にアクセスできる小児人口を計算し、アクセスの地域格差を定量的に示したい。
研究期間
Research Period
2018-02-20 - 2021-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

江原 朗 広島国際大学健康科学部医療経営学科
Akira Ehara Department of Health Services Management, Hiroshima International University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
拡張版全国デジタル道路地図データベース 2017年版
Digital Road Map Database extended version 2017

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 0~6歳児人口に対する病児対応型保育施設における保育定員の地方間比較
論文 病児保育施設と乳幼児の居住地との距離に関する 地方間格差
論文 10km 圏内に居住する0~4 歳人口に対する 病児対応型保育施設の保育定員
論文 Inter-Regional Differences in Travel Time to the Nearest Nursery for Children with Mild Acute Illness in Japan

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2018
2017