ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
滋賀県におけるEco-DRRを実装した立地適正化計画とその導入シナリオに関する研究
A study on urban facility location plan implementing Eco-DRR in Shiga prefecture and its introduction scenario
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
825
研究代表者
PI
一ノ瀬 友博 / 慶應義塾大学
Tomohiro Ichinose / Keio University
事務担当者
Secretary
花房 昌哉 / 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
Hanafusa Masaya / Graduate School of Media and Governance, Keio University
受入CSIS教員
CSIS reception staff
柴崎 亮介 / -
Ryosuke SHIBASAKI / -
研究内容
Abstract
近年、グリーンインフラストラクチャーという考え方に注目があつまっており、その中でも生態系を活用した防災・減災(Eco-DRR)という手法に期待が高まっているが社会実装に至っていない。一方、都市計画分野では、都市再生特別措置法の改正により、立地適正化計画が策定され、コンパクトな都市構造への転換を目指す動きが出てきた。都市の拡大成長を前提とするまちづくりのあり方から、都市の縮小を前提とするまちづくりへの転換であり、土地の選択可能性が広がるため、Eco-DRR導入のチャンスでもある。本研究では、人口減少が見込まれ、水害リスクの高い滋賀県を研究対象地とし、立地適正化計画にもとづき、コンパクトなまちを目指す過程で、グリーンインフラを導入して、防災・減災を実現するための最適な将来シナリオを提言する。シナリオの作成にあたって、グリーンインフラ導入による水害被害額の減少といった経済的指標や生物のハビタットの質、さらには住民の意識や政治的な面をヒアリングなどから評価・分析を行う。
研究期間
Research Period
2018-06-01 - 2021-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

花房 昌哉 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
Hanafusa Masaya Graduate School of Media and Governance, Keio University
一ノ瀬 友博 慶應義塾大学
Tomohiro Ichinose Keio University

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

大型小売店ポイントデータ2014年版 (全国データ) データセット

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 滋賀県における立地適正化計画と水害リスク-彦根市・東近江市・湖南市を対象に

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2019 非公開 / private
2018 非公開 / private