ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
マイクロジオデータを活用した空間詳細なCO2排出量の推計
High-resolution carbon mapping with micro geo-data
状態
Status
実施中
Started
研究番号
Research Number
827
研究代表者
PI
吉田 崇紘 / 国立環境研究所 地球環境研究センター
Takahiro Yoshida / Center for Global Environmental Research, National Institute for Environmental Studies
事務担当者
Secretary
吉田 崇紘 / 国立環境研究所 地球環境研究センター
Takahiro Yoshida / Center for Global Environmental Research, National Institute for Environmental Studies
受入CSIS教員
CSIS reception staff
相 尚寿 / -
Hisatoshi AI / -
研究内容
Abstract
本研究の目的は建物と交通に関連したビッグデータを活用して、空間詳細なCO2排出量を動的にマッピングすることである.建物に関しては,階高や利用目的(住居や店舗など)を考慮して個別建物毎の排出量を時間帯別に推計する.交通に関しては,自動車の空間分布を1時間ごとに推計することで,道路リンク毎・時間帯毎の排出量を推計した.推計の結果は3次元 GISを活用して視覚化する.3次元でのCO2マッピングが,例えばホットスポットや異常な排出の検出,ひいては炭素管理に資することを検証する.また,従来のデザインシナリオやスマートシティシナリオなど,いくつかの都市デザインシナリオを検討し,CO2排出量と将来の都市デザインとの関係を併せて研究する.
The objective of this study was to map carbon emissions utilizing spatial Big Data relating to buildings and transportation. Building emissions were estimated considering number of stores, composition of use (e.g., residence and retail), and other individual building information. Besides, the temporal patterns (hourly, daily, weekly,...) are estimated by combining the estimation result with sensor monitoring data. Transportation emissions were estimated considering dynamic transportation behavior, which was monitored through a person-trip survey. Downscale approaches considering dynamic and seasonal change of emissions were used for these estimations, The estimated carbon emissions are visualized by a dynamic and 3-dimensional manner. Then, we consider several urban planning scenarios, including business as usual scenario, smart city scenario, and traditional design scenarios. Therein, we utilize individual building and road link data. By estimating carbon emissions under each of these scenarios using our carbon mapping approach, relationship between carbon emission and future urban design is studied.
研究期間
Research Period
2018-06-27 - 2021-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

吉田 崇紘 国立環境研究所 地球環境研究センター
Takahiro Yoshida Center for Global Environmental Research, National Institute for Environmental Studies
山形与志樹 独立行政法人国立環境研究所
Yamagata Yoshi Ju
秋山 祐樹 東京都市大学建築都市デザイン学部/大学院総合理工学研究科
Akiyama Yuki Faculty of Architecture and Urban Design / Graduate School of Integrative Science and Engineering, Tokyo City University
村上 大輔 国立環境研究所 地球環境研究センター
Murakami Daisuke Center for Global Environmental Research, National Institute for Environmental Studies

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

号レベルアドレスマッチングサービス
Detailed Address Matching (Geocoding) Service
【別途書類手続き。承認まで1-2ヶ月の可能性】 2006年道央都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2006 Do-oh (Sapporo) Metropolitan Area
【承認までお時間を要する可能性】【空間配分版】2011年中京都市圏 人の流れデータセット
People Flow 2011 Nagoya Metropolitan Area(Spatially Reallocated)
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 北海道 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Hokkaido prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 茨城県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Ibaraki prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 栃木県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Tochigi prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 群馬県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Gunma prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 埼玉県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Saitama prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 千葉県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Chiba prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Tokyo prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 神奈川県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kanagawa prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 山梨県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Yamanashi prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 愛知県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Aichi prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 京都府 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Kyoto prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 大阪府 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Osaka prefecture
Zmap TOWN II (2016年度 Shape版) 兵庫県 データセット
Zmap TOWN II 2016 Shapefile Hyogo prefecture
座標付き電話帳DBテレポイント 法人版(P1B92_2019年2月)
Telepoint Pack DB February 2019 (Yellow pages)

研究成果 / Publications

種別
type
タイトル
title
論文 Carbon emission intensities of each building typology: Towards a standardized framework
論文 Spatially detail urban carbon mapping: Integration of top-down and bottom-up approaches.
論文 Seasonal urban carbon emission estimation using spatial micro big data
その他(著書・記事等) Case studies towards smart communities.

報告書 / Annual reports

年度
year
共同研究報告書
Report
CSYS DAYS
2019 非公開 / private
2018 非公開 / private http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/csisdays2018/csisdays2018-ra-pdf/A08.pdf