ログインしていません / Not logged in

プロジェクト情報(概要) / Project information (abstract)

基本情報 / Basic Information

研究題目
Research Title
東京都江東区北砂地区における大規模地震発生時の避難行動モデル構築と避難者数推計
Establishment of evacuation behavior model and Estimation of the number of evacuees in large-scale earthquake in Kitasuna,Koto City,Tokyo
状態
Status
完了
Completed projects
研究番号
Research Number
831
研究代表者
PI
紺野 克昭 / 芝浦工業大学
Katsuaki Konno / Shibaura Institute of Technology
事務担当者
Secretary
渡邉 敬士 / 芝浦工業大学工学部土木工学科
Keishi Watanabe / Department of Civil Engineering, Shibaura Institute of Technology
受入CSIS教員
CSIS reception staff
秋山 祐樹 / -
Yuki AKIYAMA / -
研究内容
Abstract
本研究では木造密集地域である江東区北砂地区を対象として地震発生時における避難行動モデルを構築することを目標とする. 当該地域は東京都の地震に関する地域危険度測定調査において危険度ランク5に分類されており,大規模地震発生時に大規模火災が発生するリスクを抱えている.しかし,現状では避難場所となり得る公園などのオープンスペースが不足しており,避難者が行き場を失ってしまうことが考えられる.こういった現状を打開するためには,適切な場所にオープンスペースを新設していくことや既存の避難施設の更新が必要となる.そしてその実現に向けて,まず第一として大規模地震時に発生する避難者数とその避難先について定量的に把握していくことが不可欠となる. そこで本研究では対象地域内において大規模地震発生時を想定したSP調査を行い,非集計行動モデルを構築して各世帯から避難所までの所要時間,避難施設の敷地面積などを説明変数に設定し,各要因が避難行動に与える影響を分析する.その後,構築したモデルを用いて番地単位で各避難施設への避難者数を推計する.
In this research, we aim to construct an evacuation behavior model at the time of earthquake occurrence in the Kitasand district of Koto ward, which is a dense wooden area. The area is classified as risk rank 5 in the area risk assessment survey on the Tokyo Metropolitan Earthquake, and it has a risk of large-scale fire occurrence when large-scale earthquakes occur. However, under the present circumstances, there is a shortage of open spaces such as parks that can be evacuation sites, so evacuees may lose their place. In order to overcome such a situation, it is necessary to establish an open space in an appropriate place and update existing evacuation facility. To achieve this, first of all it is essential to quantitatively grasp the number of refugees evacuated at the time of a large-scale earthquake and the evacuation destination. Therefore, in this research, SP survey assuming the occurrence of a large earthquake is conducted in the target area, a nonaggregate behavioral model is constructed, setting the required time from each household to the evacuation center, site area of ​​the evacuation facility, etc. as an explanatory variable And analyze the influence of each factor on evacuation behavior. After that, estimate the number of refugees to each evacuation facility in units of street addresses using the constructed model.
研究期間
Research Period
2018-07-18 - 2020-03-31

研究者 / Researchers

申請中の研究者は表示されません。
Pending researchers are not shown.

秋山 祐樹 東京都市大学建築都市デザイン学部/大学院総合理工学研究科 東京大学空間情報科学研究センター
Akiyama Yuki Faculty of Architecture and Urban Design / Graduate School of Integrative Science and Engineering, Tokyo City University Center for Spatial Information Science, The University of Tokyo
渡邉 敬士 芝浦工業大学工学部土木工学科
Keishi Watanabe Department of Civil Engineering, Shibaura Institute of Technology
紺野 克昭 芝浦工業大学
Katsuaki Konno Shibaura Institute of Technology
浅岡 大貴 芝浦工業大学 工学部土木工学科地震防災研究室
Daiki Asaoka Department of Civil engineering,Shibaura Institute of Technology

利用データセット / Datasets used

申請中のデータセットは表示されません。
Pending datasets are not shown.

Zmap TOWN II (2013/14年度 Shape版) 東京都 データセット
Zmap TOWN II 2013/14 Shapefile Tokyo metropolitan

研究成果 / Publications

研究成果は存在しません。
No Publication.

報告書 / Annual reports

報告書は存在しません。
No annual report.